除振台・光学定盤の明立精機株式会社。
振動を含めあらゆるノイズに対処する
トータル・ノイズ・ソリューションを提供します。

  1. デスク型コイルばね式除振装置 FDシリーズ

デスク型コイルばね式除振装置 FDシリーズ

高レベルの除振性能に、独自の機構をプラス。
しかも、精密機器の特徴や使用状況に応じて、最適な除振装置が選べる16通りのバリエーションを用意。

バイソレータの内では最も歴史のある、背の高いビッカース硬度計の専用除振装置です。フォークリフトの通路に面した場所や、プレス機引張り試験機のすぐ隣りなど、悪条件下での使用にも充分耐えられるよう設計されています。

  • パッシブ

適用分野

  • 計測・計量機器
FDシリーズ
  • デスクタイプ

概要・特長

精密機器の特徴に応じて最適な除振装置が選べます

精密機器の重量やサイズ、または付属品を置くスペースなど、使用状況はさまざまです。
FDシリーズは、使用状況に応じた最適な一台が選べるように、オプションも含めて16通りのバリエーションを用意。

搭載盤の中心位置に重心がない機器にも対応

精密機器が軽すぎるために生じる除振性能の低下。この防止対策として重錘量の調整で解決していますが、重錘にはもう1つ大きな特長があります。 それは、精密機器の重心位置が搭載盤の中心から外れていても、重錘の位置で調整することができます。これによって搭載盤の水平が保たれ、安定した除振効果が得られます。

多種多様の精密機器に幅広く対応できます。

顕微鏡、表面粗さ計、マイクロビッカース硬度計、ウルトラミクロトーム、プローバーをはじめとする多種類の精密機器に適応できる万能型。 実験室や研究室、生産現場など、使用場所を選ばない信頼性の高い除振装置です。

コイルばね式除振装置として最高水準の性能を発揮

コイルバネ

FDシリーズの除振機構には、コイルばねと防振ゴムを採用。固有振動数2.5Hzというスペック値は、コイルばね式除振装置の最高レベルを達成。 その優れた性能は、多分野における豊富な納入実績が雄弁に物語っています。

仕様

  • 主な仕様
fd_d2
項目/型式FD-50FD-100
固有振動数2.5Hz
除振方式コイルばねおよび防振ゴム
制振方式チューブ状ゴムダンパー
搭載可能質量50kg以下50kg~100kg
搭載盤面積AW420×D500mmAW420×D500mm
BW600×D500mmBW600×D500mm
機体質量Aタイプ70kg、Bタイプ76kg
重錘付属

注)搭載機器の質量によって重錘の量が異なります。ご注文の際は、搭載機器の質量およびメーカー名、品名、型式をお知らせください。
搭載盤面積がW500mmxD600mmのBCタイプもあります。別途お問い合わせください。

fd_d1

資料ダウンロード

この製品についてのお問い合わせ

技術仕様や価格など、製品に関するお問い合わせは、こちらのメールフォームにて承っております。また、右記のお電話でも承っております。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせは045-453-5731

お問い合わせフォーム

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合