除振台・光学定盤の明立精機株式会社。
振動を含めあらゆるノイズに対処する
トータル・ノイズ・ソリューションを提供します。

  1. 卓上型スチールハニカム定盤空気ばね式除振装置 AETシリーズ

卓上型スチールハニカム定盤空気ばね式除振装置AETシリーズ

高性能な除振システムを集約した卓上型スチールハニカム定盤空気ばね式除振装置。

レーザ本体や周辺機器の小型化や光ファイバー技術の向上によって、光学実験にも以前ほど長い光路を必要としない場合が多くなってきました。明立精機では従 来より卓上型除振装置を数多くシリーズ化しています。これとスチールハニカム定盤を組み合わせたAETシリーズは、小さな面積の光学実験に最適な除振装置 です。

  • パッシブ
  • ハニカム

適用分野

  • 顕微鏡システム
  • 計測・計量機器
AETシリーズ
  • 卓上タイプ

概要・特長

小規模の光学実験に最適です

小型ながらもスチールハカム定盤を採用し、定盤の剛性は万全。ミクロン以下の光軸のずれを解消しました。
上面タップはM6×25mmマトリクスで標準加工。また上面板材質はSUS430、マグネットスタンドの使用にも対応。もちろん除振システムは実証済みの高性能。全ての機構はコンパクトに収納されています。

使用状況に応じて選べる4タイプを用意

自動レベル維持機構式のSタイプ

空気ばねに自動レベル維持機構を付加。搭載機器の載せ替えや移動でばねシステムに対する荷重に変化が生じても定盤は常に水平に保たれます。0.35~0.70MPaの空気源に常時接続し、内蔵の減圧弁で減圧して使用します。

手動レベル調整式のNタイプ

Nタイプには付属の手押しポンプで空気を供給し、定盤の水平を維持する方式を採用。初めて使用する人にも簡単で、しかも1度セットすれば1~2週間は空気の供給は不要です。空気源のない部屋での使用や設置場所を頻繁に変更する場合には便利です。

クランプ機構付きのCタイプ

搭載盤を固定するクランプ機構付。従来のように搭載盤を完全 に固定する機械式クランプに替え、空気ばねのばね定数を高めることによって搭載盤の動きを拘束するソフトクランプを採用。

aet_d1
aet_d2

搭載可能質量をアップしたH(高荷重)タイプ追加

より重量のある搭載機器に対応するため、搭載可能質量200kg仕様を新たにラインアップ。
(サイズ0405については搭載可能質量100kg)

仕様

  • 主な仕様
  • H(高荷重)タイプ仕様
項目/型式AET-0405AET-0506AET-0605AET-0806AET-1007
固有振動数2.5~2.7Hz
除振方式特殊ダイヤフラム型空気ばね
制振方式オリフィスによるエアーダンピング
搭載可能質量(kg)6080
定盤寸法WxD(mm)430×530530×630630×530800×6001000×750
定盤厚さ(mm)50
上面タップ加工M6×25mmマトリクス
機体寸法430×530530×630630×530800×6001000×750
機体質量(kg)3039395072
標準付属品 Sタイプ:ウレタンチューブΦ6×3m、配管継手(PT1/4オス)×1
Nタイプ:手押しポンプ、ムシドライバー
aet_d4
aet_4
項目/型式AET-0405S-HAET-0506S-HAET-0605S-HAET-0806S-HAET-1007S-H
固有2.7±0.3Hz
除振方式標準タイプに同じ
制振方式
搭載可能100200
定盤寸法(mm)標準タイプに同じ
上面タップ加工
機体寸法(mm)
機体質量(kg)3050506382
標準ウレタンチューブΦ6×3m、配管継手(PT1/4オス)×1

H(高荷重)タイプはSタイプ(自動レベル維持機構式)のみとなります。

資料ダウンロード

この製品についてのお問い合わせ

技術仕様や価格など、製品に関するお問い合わせは、こちらのメールフォームにて承っております。また、右記のお電話でも承っております。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせは045-453-5731

お問い合わせフォーム

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合